美容のプロになる!エステ業界で働くならダブルワークからスタート 美容のプロになる!エステ業界で働くならダブルワークからスタート

ダブルワークを卒業して稼げるエステティシャンを目指そう

副業から本業へと移行しよう

エステでの仕事が自分に合っていると感じ、ある程度必要な知識や技術を身に付けることができたら、副業を卒業して、次は本業としてステップアップしてみましょう。ダブルワークを卒業し、本業にする方法をご紹介します。

ダブルワークから本業に移行するまでの流れ

仕事をしながらエステの勉強を行う

まずは、自分のエステティシャンとしての適性を見極めるためにも、本業の仕事をしながら、エステの仕事をしてみましょう。仕事をしながらエステに必要な基礎知識や技術の習得を目指します。このときはスケジュールの管理と体調管理に気をつけることがポイントです。

ダブルワークで実際に業務を体験

ダブルワークで実際の業務を通して、エステの技術を身に付けていきましょう。少しずつエステティシャンとしての自信と自覚が芽生えてきます。お客様との会話にも慣れ、コミュニケーションの取り方も徐々に上手になっていくことでしょう。

必要な資格を取得する

エステティシャンになるには特別な資格は必要ではありません。しかし、エステティシャンとしての技術を証明する資格はたくさんあります。身に付けた技術を客観的に証明するためにも、資格取得を目標に知識、技術ともに向上させましょう。

エステ系の仕事を本業へと変更する

自分のエステティシャンとしての適性を見極められたら、いよいよエステの仕事を本業としてみてはいかがでしょうか。ダブルワークを卒業してエステティシャンを本業とするチャンスです。ダブルワークでお世話になったサロンにそのまま就職したり、新たに求人を探したりする人もいます。

副業としてサロン経営を始めることも可能

女の人

エステティシャンとしての知識と技術を身に付けたあと、サロンに就職する人が大半ですが、中には副業として自宅サロンを開業する人もいます。本業の仕事を終えたあとの時間を予約制で自宅サロンとして開業する人や、平日はこれまで通りの仕事を続け、週末のみサロンを開業している人もいます。未経験からスタートして独立開業する人も少なくありません。エステの仕事は女性にもチャレンジしやすく、夢の大きな仕事だと言えるでしょう。

TOPボタン